ずっしりと重くのしかかる暗い気分【うつ病のお悩みプロが解決】

医師

深刻な気分障害に対処する

男性ドクター

病が生まれる原因

複数の原因によって発症することがあるうつ病は、病気を予防するだけでなく悪化を防ぐために、病の引き金について知っておきましょう。まずうつ病の原因としてよく知られているのがストレスです。学校や職場における人間関係だけでなく、大切な人との離別や新しい環境に馴染めない時など人はストレスを感じます。そうしたプレッシャーが慢性化すれば、そこからうつ病を発症することがあるのです。特にイジメやパワハラなど精神的負担の高い問題に悩んでいる場合は、新しい環境に移ることを考えるのも大切です。薬を飲めば身体的な問題は緩和されますが、うつ病になった根本的な原因が解決するわけではありません。他にもうつ病の原因となりやすいのが信頼的な要因です。産後うつと言う言葉が知られているように、出産後の女性の身体は大きく変化しています。ホルモンバランスの変化と育児ストレスが相まってうつ病を発症しやすいのです。また仕事が忙しくてきちんとした睡眠時間がとれなかったり、「てんかん」からうつを発症する方がおられます。生活時間が不規則になっている場合はそれを正す努力が欠かせませんし、特定の病からうつ病を発症している方はまず病気治療を行いましょう。うつ病の引き金となる困難な状況に置かれている方は数多くおられますが、病を発症しやすい気質もあると言われています。一般的に真面目で責任感が強い人ほど人間関係の問題などでうつになりやすいのです。軽度の抑うつ状態であれば自分自身のものの見方を変えることによって状態を緩和できることもありますので、注目してみましょう。

治療する意味

うつ病は「気持ちの問題」と言われることもありますが、患者さんの努力だけでは改善しないのが一般的です。うつ病の原因は神経物質にあると言う説も存在していますので、病院での治療が欠かせないのです。うつ病の症状は眠いのに眠れない睡眠障害や、日常的に行えていた動作が分からなくなる記憶障害など多岐に渡ります。こうした症状を放置していれば状態が悪化してしまいますので、薬による治療が大切になります。またうつ病を抱えながら社会生活を続けたいと考える人達も少なくありませんが、薬で症状を緩和すればそれが可能になります。逆に病から仕事を一時中断したいと考えた場合も病院にかかる価値があります。きちんと医師の診断をもらうことによって障害年金を受給したり、医療費控除を申請したりすることができるのです。そして、何より重要なのが自殺リスクの軽減です。うつ病を発症した場合、社会生活を送れなくなったり人間関係でトラブルが生まれたりする場合があるでしょう。そのような状況に置かれた患者さんが抑うつ症状を伴ううつ病に悩んだ場合、自殺リスクが上がってしまいます。しかし医師と関われば人間関係が生まれますので、孤独に陥らないのです。うつ病治療ではよく認知行動療法が用いられますが、医師の下でこうした指導を受けることで患者さん自身が自分の状態を客観的に受け止められます。一時死にたくなるような気持ちに襲われても、それを「病気」と認識することによって自殺を食い止められるのです。認知行動療法を受ける上でも病院への通院が欠かせません。