ずっしりと重くのしかかる暗い気分【うつ病のお悩みプロが解決】

心の病は心療内科で治しましょう

理解することが大切

悩む男性

周囲の対応も大事

うつ病は、最近は話題となることもあり理解できる人が多くなってきていますが、それでもまだまだ病気と感じず「怠けている」と思う人がいます。周囲から「怠けているだけ」といわれると、つらい症状を理解してもらえない苦しみを感じてさらに症状が悪化する恐れもあるため、対応にも気を付けなければなりません。うつ病は風邪やインフルエンザなど、咳や熱など見える症状があらわれてくるものではなく、気落ちしたり自尊心が欠如して「自分はいらない存在だ」と思ったり、イライラしたりするなど、精神的な症状があらわれることが多くあります。しかし周囲は、たいしたことではないと感じる人もいまだに多く存在しています。落ち込んだりイライラするような状態は1日や2日でおさまる場合は、その時の状況から感じる感情かもしれませんが、もし、落ち込んだ状態や「死にたい」とよく口にするようになることが2週間以上続けば、うつ状態になっていると考えて良いといわれています。2週間以上も続く症状を放置してしまえば病気となり、さらに症状が悪化してしまう可能性もあるため注意が必要です。ひどくなれば自殺してしまうこともあり、実際に死に追いやってしまった人も少なくありません。笑うことが少なくなったり、ぼーっとする時間が多くなったり、やる気を失う状態が続いてしまうなどがあれば、周囲が気に掛けることがとても大事です。もしうつ病にかかってしまった本人のことを周囲が少しでも理解してあげれば、それだけでも症状が緩和されることもあるのです。

生活習慣を整える

うつ病を発症すると不眠となってしまう人が多くいます。不眠もうつ病の症状の1つと考えられており、脳内神経の働きが異常となり、緊張状態が続いて寝つきが悪くなります。仕事や学業にプレッシャーを感じている人が不眠となりやすくなるといわれ、不眠状態が続けばうつ病となってしまうこともあります。うつ病となってしまった場合は病院で治療を早めに行なうことが大切ですが、それだけでなく生活習慣を改善させていくこともとても大事です。早寝早起きをしていき、太陽が昇っている時間帯に起きることができるようにすることです。うつ病にかかった多くの人は朝と夜が逆となっている場合が多々あり、自分で治そうとするには精神力が大きくかかわってくるため、なかなか実行できない人が多いのです。うつ病を発症した人の家族も看病するのに大変となり、精神的に参ってしまう人が多くいますが、なるべく頑張りすぎないように対応していくことが重要です。家族がうつ病を発症して看病するあまり、疲れてその人もうつ病となってしまうパターンは実は結構あるのです。最悪な状態となってしまうのを防ぐためにも、うつ病のことを知ることも良い方法です。うつ病はセロトニン不足ともいわれ、トリプトファンを摂取していきながら太陽の光を浴びて脳内にセロトニンを分泌させていくことで、症状を緩和させることができるといわれています。うつ病はその場の雰囲気を暗くさせてしまうため、その雰囲気にのまれないように自分自身も精神を維持させられるようにするのも大事です。ずっしりと重くのしかかる暗い気分を振り払いましょう。

カウンセリング

苦しいうつに立ち向かう

うつ病はストレスや睡眠不足など様々な原因で発症する病です。早期に治すためにも薬を処方してもらいましょう。うつ病治療は心療内科か精神科のどちらかで行ってもらうことになります。自分に合う病院を探しましょう。

悩むレディ

一人で悩まず治す方法

周りに理解者を作る努力は、うつ病の治療や改善において極めて重要なことです。何より自殺予防にも欠かせないことなのです。またうつ病の治療は医師と共に行いましょう。うつ病によって社会生活を送れなくなったり孤独感にさいなまれたりしている場合、医師と言う協力者の存在は大きなウェイトを占めるのです。

男性ドクター

深刻な気分障害に対処する

人間関係で起こるものや身体的要因で起こるものなど様々な種類が存在しているうつ病は、原因を知ることで適切な治療方法を探る必要があるでしょう。うつ病になった場合、まずは病院で治療を受けます。通院すれば障害年金を受給できることもあるのです。